転職お悩み110番

転職に成功するための方法・体験談。ブラック企業の見分け方。書類選考、採用試験、面接を成功させる方法。

失業期間に資格を取るために勉強するには?失業期間を有効活用しよう!

      2016/03/29

office-work-1149087_1920

 

退職して失業したことを機会に、心機一転自分を磨き直そうと考える人はいると思います。そのためにはどうしたらいいのでしょうか?めざす目標によって、あらゆる方法、いく通りもの道があります。

 

今回は、失業期間を有効に活用するために、勉強するための方法を書いてみたいと思います。

 

失業期間を有効に活用するための勉強方法

 

work-1001043_1920

 

①公共職業訓練

簡単に言いますと、国や自治体が実施する専門学校のことです。技術や知識を身につけて、失業者が早く就職できるようにする制度です。

ハローワークを通じて申し込めば授業料はタダになりますし、交通費などの手当ももらえます。失業給付金が切れる数日前に入学すれば、失業給付金が卒業するまで延長してもらえます。

入学試験は、筆記試験と面接、あるいは書類選考などバラバラですので、お近くのハローワークで一度確認してみてください。人気講座は応募が殺到するので、試験勉強が必要こともあります。

コースは機械系から、事務系、IT系、福祉系までいろいろあります。訓練機関は3~6か月、1年、2年という長期コースもあります。

これといった技術や職歴がなくて就職できない、生活費にも困っている、という人のための訓練なので、至れり尽くせりです。

 

②求職者支援訓練

公共職業訓練は失業給付金を受給している人のための訓練ですが、この求職者支援訓練は失業給付金を受給していない人のための訓練です。

失業給付金が終わった人や、もともと失業給付金を受給してない人が受けることができます。

詳しくは、誰でも月10万円もらえる?求職者支援制度を活用しよう!!をご参照ください。

 

③ポリテクカレッジ(職業能力開発短期大学校)

雇用能力開発機構が運営している学校で、ここでも公共職業訓練と同じく、失業給付金をもらいながら職業技術が身につけられます。一般的な「アビリティーコース」は6か月間で、電気、機械、パソコンなど、テクノロジー方面の講座が数多くあります。

また「訓練委託コース」という、指定の民間の専門学校で受けられる、経理、社会保険、介護サービスなどの講座があります。

普通に入学すると学費がかかりますが、ハローワークを通じて入学すれば、授業料はタダで、失業給付金ももらえます。

 

④各種通信講座

雑誌やチラシに載っています。どれもキャッチコピーは「資格がとれる」「修了後に仕事をあっせんする」ですが、本当かどうかは実際のところわかりません。

しかも、ちゃんと勉強しないと、学費をドブに捨てるようなもですので、将来ちゃんと仕事ができるかどうか、見極められる冷静さが必要です。

 

⑤各種スクール

これも通信講座と同様に、学費などの元手がかかりますので、下調べが必要です。転職情報誌などの雑誌を参考にして、学びたい授業内容のスクールを数校選んで、カタログなどの資料を請求しましょう。

民間の各種専門学校、スクールでは、ほとんどが無料体験授業を行なっていますので、まずは参加してから考えほうが無難だと思います。

 

⑥社会人短大、大学、大学院、放送大学

お金に余裕がある人なら、平日の夜間と土日開講に夜間大学、大学院に編入学してみるのもいいでしょう。

社会人入試では、学力試験ではなく、面接や小論文で入学できる大学が増加しています。郊外に本学がある大学でも、通学しやすいように、都心部にサテライト・キャンパスを設けている大学もあります。

本格的に勉強したい人は、一度入学を考えて見るのもいいかもしれません。

 

まとめ

 

adult-education-415359_1920

 

会社を退職して、しばらく失業するなら、公共職業訓練、ポリテックカレッジを活用するのがオススメです。まずは、お金がかからなくて勉強できる方法がいいと思います。

 

いずれにせよ、勉強するには、何のためにやるのか?という目的意識が重要です。まずは、将来こうなりたいという自分の姿をイメージしてから、何の勉強をするか決めたらいいのではないでしょうか。

無料で登録できる!!おススメの転職サイト

NO1 マイナビエージェント

「転職先の仕事環境・雰囲気を面接前に知りたくありませんか?」 『マイナビエージェント』の3大ポイント ☆転職情報サイトにない“おいしい仕事”がある!  新規事業の立ち上げなど非公開求人情報がある! ☆キャリアアドバイザーのプロの目線とあなたの経歴やご要望により、適職なお仕事をご紹介します!

NO2 キャリコネ

キャリコネに登録すると求人情報だけでなく、企業の口コミ情報も見ることができます。 「入社したら会社がブラック企業だった」なんていう失敗にならないように、キャリコネに登録して企業の情報をできるだけ多く集めましょう!!

NO3 ビタジョブ

2015年6月から新たに開始した求人・企業情報サイトです。 可能な限り最大の転職機会の中から、最良の転職先を洩れなく見つけ、納得いくまで比較検討できることを特長としています。

 - 転職に役立つ資格