転職お悩み110番

転職に成功するための方法・体験談。ブラック企業の見分け方。書類選考、採用試験、面接を成功させる方法。

転職で直接応募はアリか?10倍有利になる応募方法について

      2016/02/22

hand-648444_1920

この会社にはいりたい!

と思った時、その会社が求人募集をしてなかったら、みなさんどうしますか?

普通はあきらめますよね。しかも、転職活動がうまくいってない場合は、そんな募集もしていないとこに応募してるヒマはないですよね。

でも、もし本当にいい会社で、あきらめるのもなんかイヤだな、と思ったら、とりあえずチャレンジするのはアリです。もしかしたら、うまくいく可能性がありますので。

転職専門のカウンセリングをしている人が、相談者の中に、一部上場企業に直接アプローチして成功した人もいたと言っていました。やるのはただですから、後はやるか、やらないか、だけですよね。

転職活動をしていて、不採用になることが多くなると、結構後ろ向きな気持ちになりがちです。

たしかに、採用してくれる確率の高い企業を中心に応募をすることは、戦略的には必要だと思います。

しかし、そんな時でも、「ここだ!」と思えるような会社があったら、前向きに、チャレンジ精神をだすことも大事なのではないでしょうか。

直接応募する時の心構え

running-498257_1920

人脈が多くて、入社したい企業と接点があるという幸運な方がいらっしゃるかもしれません。

でも、そんなことは、本当にまれなハズです。全然接点のない企業に対して、求人を募集していないのに、こちらの都合で勝手に応募しようとすることになります。

礼を欠いては全てが台無しになりますので、順序を追って丁寧に誠意をもって対応することが大切です。

それでは、どうすれば効果的に応募ができるのでしょうか?

直接応募の効果的な2つのやり方

smartphone-431230_1920

①アプローチする相手の選定

採用に関してのキーマンにアプローチすることが重要です。採用に関して決定権のない平社員に連絡をしても時間と労力の無駄です。決定権者に直接接点がもてるように働きかけましょう。

中小企業なら社長、中堅クラス以上ならば人事部長をターゲットとします。

では、どうすればいいのかというと、新規開拓営業の電話のマネをするのです。「社長様(担当者様・責任者様)はいらっしゃいますか?」という常套句は、まさしく決定権者を導き出すやり方です。参考にしてください。

直接応募の電話のトーク例

突然の不躾なお電話で申し訳ございません。私は、転職活動中の者でして、○○と申します。

△△営業を約15年経験しておりまして、この経験を御社の拡販にぜひ役立てたいと思い、ご連絡させていただいた次第です。

もちろん、働くチャンスを頂ければ、必ず成果を出す自信があります。つきましては、私の経歴と私が御社に貢献できることをまとめた書類を作成しましたので、お送りさせていただけないでしょうか?

「募集もしていないのに、そんな電話をしても大丈夫なの?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、自分の会社にはいりたいと思っている人に対して、邪険な態度はするわけがありません。

こっちが丁寧に真摯な対応をしたのに、もし、そんな態度をするようなら、たいした会社じゃないです。こっちからお断りしましょう。

②プレゼン資料の作成

もちろん、「ぜひ会ってほしい!」だけでは、採用してくれるわけがありません。

履歴書・職務経歴書の応募種類以外にも、今応募先企業において何が問題で、自分が入社したら何ができるのか?どのように貢献できるのか?をプレゼンする資料を作成する必要があります。

そして、電話で送付する許可がとれたら、これらを送り会ってもらうチャンスを伺って下さい。

資料を作るのは大変ですが、採用してもらえるかどうかに大きく影響しますので、しっかり作りこんでいただければと思います。

会うところまでこぎつければ、ライバルがいないので、採用してもらえるチャンスは大きく広がります。

これはと思う企業があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

無料で登録できる!!おススメの転職サイト

NO1 マイナビエージェント

「転職先の仕事環境・雰囲気を面接前に知りたくありませんか?」 『マイナビエージェント』の3大ポイント ☆転職情報サイトにない“おいしい仕事”がある!  新規事業の立ち上げなど非公開求人情報がある! ☆キャリアアドバイザーのプロの目線とあなたの経歴やご要望により、適職なお仕事をご紹介します!

NO2 キャリコネ

キャリコネに登録すると求人情報だけでなく、企業の口コミ情報も見ることができます。 「入社したら会社がブラック企業だった」なんていう失敗にならないように、キャリコネに登録して企業の情報をできるだけ多く集めましょう!!

NO3 ビタジョブ

2015年6月から新たに開始した求人・企業情報サイトです。 可能な限り最大の転職機会の中から、最良の転職先を洩れなく見つけ、納得いくまで比較検討できることを特長としています。

 - 転職活動