転職お悩み110番

転職に成功するための方法・体験談。ブラック企業の見分け方。書類選考、採用試験、面接を成功させる方法。

面接で失敗する人の9つの共通点とは?面接の必勝テクニック!!

      2016/04/03

 

figure-552117_1920

 

面接で失敗しないように、身だしなみに気をつけるべきだと、面接の身だしなみで不採用を防ごう!転職を成功させる身だしなみとは?に書きました。

 

その他にも、せっかく面接にこぎつけたのに、ちょっとした「ツメの甘さ」から転職のチャンスをツブすことがあります。面接時のツメの甘さとは、どんなところに表れるのでしょうか?

 

面接で失敗する人の共通点とは?

 

woman-1006100_1920

 

どうしても面接に失敗する人には、次のような共通点があります。

 

①面接前の事前準備ができてなかった

求人先の会社については事前に研究して、会社案内に書かれている以外のことを質問しましょう。また、予想される質問を考え、答えを用意しておきましょう。

 

②面接時間に遅れた

会社の所在地、交通機関の便を確認しておいて、会社には15分前には到着できるように段取りしておくべきです。会社の場所が近ければ、事前に下見に行っておきましょう。

 

③面接官が入室した際に、ソファに座ったまま挨拶した

立ち上がってきちんと挨拶しましょう。お茶が出されたら目礼を忘れないように。

 

④面接中、足を、あるいは腕を組んでいた

腕組み、足組み、貧乏ユスリは日本三大面接での悪いポースです。また、タバコを勧められても絶対に遠慮してください。全国的な禁煙ブームだということを忘れないようにしましょう。

 

⑤面接官が質問しているのに、面接官以外の人間を見た。あるいは視線をあわせない

相手の目を見て、明るい表情でしっかりとした口調で受け答えしましょう。分かりづらい質問は聞き返すようにしてください。

 

⑥面接時間が少し長引いたら、時計を見た

絶対に時計を見たらいけません。これは鉄則です。

 

⑦前職の悪口を言った

不満分子かと思われるので前職の企業批判をするのはNGです。

 

⑧「あなたから質問はありますか」と聞かれたのに、何も返事がなかった

次回の面接予定、勤務条件などについて復唱するか、メモをしましょう。給料や休暇については、最終面接で確認しましょう。

 

⑨終わりの挨拶を忘れた

面接終了後は椅子の横に立って、ていねいに挨拶してください。角度は45度です。座っていた椅子は元に戻して立ち去りましょう。

 

これらのことは当たり前のことですが、意外とできてない人は多いと思います。知っていることと、できていることは違います。くれぐれも注意してください。

 

 まとめ

 

traffic-668948_1920

 

面接に失敗する人の共通点を書きましたが、このほかに共通して見られるのが、覇気のなさです。覇気がないと、面接が始まってすぐに第一印象でアウトです。

 

特に現在のような、ドン底の不況のときは、とにかく元気のある社員が欲しいものです。面接室にはいるときは背筋をピシっと伸ばして、声はやや大きめでハキハキ答えるようにしましょう。

 

私も、、姿勢と声を意識して面接に臨んだ時に、面接官から元気がいいと褒められたことがあります。もちろん採用してもらうことができました。みなさんも是非意識してみてください。

 

 

無料で登録できる!!おススメの転職サイト

NO1 マイナビエージェント

「転職先の仕事環境・雰囲気を面接前に知りたくありませんか?」 『マイナビエージェント』の3大ポイント ☆転職情報サイトにない“おいしい仕事”がある!  新規事業の立ち上げなど非公開求人情報がある! ☆キャリアアドバイザーのプロの目線とあなたの経歴やご要望により、適職なお仕事をご紹介します!

NO2 キャリコネ

キャリコネに登録すると求人情報だけでなく、企業の口コミ情報も見ることができます。 「入社したら会社がブラック企業だった」なんていう失敗にならないように、キャリコネに登録して企業の情報をできるだけ多く集めましょう!!

NO3 ビタジョブ

2015年6月から新たに開始した求人・企業情報サイトです。 可能な限り最大の転職機会の中から、最良の転職先を洩れなく見つけ、納得いくまで比較検討できることを特長としています。

 - 面接