転職お悩み110番

転職に成功するための方法・体験談。ブラック企業の見分け方。書類選考、採用試験、面接を成功させる方法。

どうやって求職支援制度に申し込むのか?選考を突破するにはどうすればいい?

      2016/03/29

advertising-sign-plate-376727_1280

 

求職者支援制度は、雇用保険が受給できなくても、条件をクリアできれば月10万円の給付金がもらえて、無料で職業訓練が受けれます。

 

それでは、どうすれば求職者支援制度を利用することができるのでしょうか?

 

まずはハローワークに登録をしよう!

contact-97574_1280

 

この求職者支援制度用は、ハローワークが主体となって運用していますので、まずはハローワークに求職の申し込みをします。

 

申し込むのは、住んでいる住所を管轄するハローワークです。求職の申し込みをすると「ハローワークカード」が発行され、以後このカードを提示すると、どこのハローワークでも利用できるようになります。

 

実は、ハローワークで求職の申し込みをして、いきなり「支援訓練の申し込み用紙をください」と言っても、すぐには対応してくれません。職業相談を経ないと申し込みできないことになっているんです。

 

原則として、2回以上の職業相談を経てからの申し込みになります。

 

ハローワークへの求職申し込み、相談、受講申し込みの流れは次のようになります。

 

ステップ1

初回相談・求職申し込みをおこなう

 

・住所地のハローワークに出かける

・求職申込の手続きを行う

・訓練受講の相談をする

・求職者支援制度についておおまかな説明を受ける

 

ステップ2

2回目の相談・適切な訓練コースを選ぶ

 

・窓口で相談しながら、就職を実現するために適切な訓練コースを選ぶ

・給付金・融資の制度についての詳しい説明を受ける

・受講申し込みに必要な書類の交付を受ける

 

ステップ3

3回目の相談・受講申し込みの手続きをおこなう

 

・受講申し込みの書類を提出する

・給付金事前審査書類を提出する

・訓練実施機関に送る受講申込書(原本)を発行してもらう

 

実際には、受講したいコースの申し込み期限が目前に迫っていたり、すでに志望コースが絞り込めていれば、3回通わないでも、受講申し込みができるケースもあります。

 

また、都道府県によって、相談や手続きの順序も多少異なっていますのでご注意ください。

 

 選考に合格するには?

career-1019823_1920

 

受講申し込み手続きが一通り終わったら、ハローワークで受付印を押してもらった受講申し込み書を、受講したい訓練を実施するスクールに急いで提出します。

 

提出は、郵送または持参になっています。

 

ここで肝心なのは、提出して終わりではないということです。受講するには、試験を受けて合格しなくてはならないのです。

 

とは言っても、試験は面接のみのケースがほとんどですので、ご安心ください。

 

ただ、試験を受けるために、事前にスクールに電話して、、選考の予約を入れることは忘れないでください。

 

選考日はすでに決まっていますので、予約して指定された時間に予定を入れておけばOKです。

 

選考の基準は?

 

試験の選考基準は、基本的に支援訓練を実施するスクールに任されています。

 

それでは、スクールはどのような判定方法をしているのでしょうか?

 

スクールは、受験者が「訓練を受講・修了できる水準にある」かを判定します。つまり、受験者に点数をつけるわけではなく、「可」か「不可」かだけを判定するのです。

 

そして、「可」とした受験者の中から、ハローワークが決めた、訓練を受講する「緊急度」の高い上位から順番に、合格にしていくのです。

 

面接官からは、「この人は訓練を受けて就職できるかな」、という観点で見られていることを忘れないでください。

 

ちなみに、支援訓練を実施するスクールは、国から受講者ひとり当たり月5~6万円の奨励金とは別に、終了後の就職状況に応じたインセンティブが支給される仕組みになっていいます。

 

ですから、就職しやすい人を優先的に選考する傾向がある、と言われています。

 

そのことも、しっかりを頭にたたきこんでいただきたいと思います。

 

無料で登録できる!!おススメの転職サイト

NO1 マイナビエージェント

「転職先の仕事環境・雰囲気を面接前に知りたくありませんか?」 『マイナビエージェント』の3大ポイント ☆転職情報サイトにない“おいしい仕事”がある!  新規事業の立ち上げなど非公開求人情報がある! ☆キャリアアドバイザーのプロの目線とあなたの経歴やご要望により、適職なお仕事をご紹介します!

NO2 キャリコネ

キャリコネに登録すると求人情報だけでなく、企業の口コミ情報も見ることができます。 「入社したら会社がブラック企業だった」なんていう失敗にならないように、キャリコネに登録して企業の情報をできるだけ多く集めましょう!!

NO3 ビタジョブ

2015年6月から新たに開始した求人・企業情報サイトです。 可能な限り最大の転職機会の中から、最良の転職先を洩れなく見つけ、納得いくまで比較検討できることを特長としています。

 - 求職者支援制度