転職お悩み110番

転職に成功するための方法・体験談。ブラック企業の見分け方。書類選考、採用試験、面接を成功させる方法。

転職回数が多い場合、面接で退職理由聞かれたらどう答える??

      2016/03/05

speech-1027857_1920

 

まず、転職回数が多い人に対して、企業側が一番不安に思うのは、「この人はまたすぐに辞めるのでは?」という点です。

 

ということは、面接ではこの企業側の不安をなくす回答をしなければなりません。まったくピントはずれな回答だと、面接をした採用担当者は不安が解消されず、不採用となってしまいます。

 

転職回数が多い場合に面接で気をつけること

magnifying-glass-450693_1920

 

それでは、転職回数が多い場合、面接ではどんなことを気をつければいいのでしょうか?

 

それは、転職回数が多いことを自覚した上で、相手が納得できる理由と今後の考えを、採用担当者に伝える必要があるのです。そのために、次の2点を意識するようにしてください。

 

①転職の理由が「不満から逃げて」ではなく、「新たに挑戦したいことを見つけて」だと伝える

 

勤めていた会社の批判ばかりして、それが原因だとするのはマイナスの評価にしかなりません。

 

要するに、転職を重ねることで、経験を積み成長しましたということがアピールできればいいのです。また、応募先には「長く勤務したい」という意思もしっかりと伝えましょう。

 

「いろいろな経験を経たことによって、本当に大切なことがわかりました。ぜひ、御社をゴールにして、精一杯貢献できるよう頑張っていきます」のような回答をしてもらえたらと思います。

 

②経験してきた業種が違っても共通する「軸」を見つける

 

異なった業種への転職を繰り返しているのを見ると、採用担当者は「この人は職歴に一貫性がない」と判断します。

 

これを防ぐためには、業種・職種がバラバラでも、何らかの共通する「軸」を持って強い意思で選択してきたことを伝えましょう。

 

例えば、「多くの人と接して、感謝される仕事」「独自のアイディアで企画・提案ができる仕事」のようにです。また「○○○という点にこだわって仕事を選び、スキルアップを図ってきました」などと付け加えるのもいいかもしれません。

 

答え方としては「経験した業種は様々ですが、『個人のお客様によりよいサービスを提供したい』という点にこだわって仕事を選んできました」みたいな感じがいいと思います。

 

  まとめ

basketball-95607_1920

 

採用する企業は、転職回数が多いことをマイナスにとらえる場合が多いかもしれません。ただ、それも伝え方によってはプラスになることもできるのです。

 

転職という経験を通して、自分がどのようにスキルアップできたかをうまく伝えることができれば、逆にアピールポイントになります。そのために、自分の過去の経歴をもう一度見直してみるのもいいのではないでしょうか。

 

無料で登録できる!!おススメの転職サイト

NO1 マイナビエージェント

「転職先の仕事環境・雰囲気を面接前に知りたくありませんか?」 『マイナビエージェント』の3大ポイント ☆転職情報サイトにない“おいしい仕事”がある!  新規事業の立ち上げなど非公開求人情報がある! ☆キャリアアドバイザーのプロの目線とあなたの経歴やご要望により、適職なお仕事をご紹介します!

NO2 キャリコネ

キャリコネに登録すると求人情報だけでなく、企業の口コミ情報も見ることができます。 「入社したら会社がブラック企業だった」なんていう失敗にならないように、キャリコネに登録して企業の情報をできるだけ多く集めましょう!!

NO3 ビタジョブ

2015年6月から新たに開始した求人・企業情報サイトです。 可能な限り最大の転職機会の中から、最良の転職先を洩れなく見つけ、納得いくまで比較検討できることを特長としています。

 - 面接