転職お悩み110番

転職に成功するための方法・体験談。ブラック企業の見分け方。書類選考、採用試験、面接を成功させる方法。

転職で求人が多い時期はいつ?年間の求人動向を知っておこう!

   

work-management-907669_1280

 

転職活動をしていると、求人が多い時期と少ない時期があるものです。転職をする時期は、現在の仕事や生活の状況、退職時期を考えて自分に一番いいタイミングでするのが基本です。

 

ただ、求人を出す企業にとっても、求人を出したいタイミングがあるものです。企業や職種によっては、特定の時期を狙って活動するほうが求人の選択肢が多い場合があります。

 

参考までに、時期ごとの大まかな傾向を書きたいと思います。ただし、景気や社会情勢、法・制度改正などの影響によって変わることもあります。狙う業界・職種の動向については、継続的に情報収集を続けていただきたいと思います。

 

年間の求人市場の動向

waiting-410328_1920

 

1月~3月 転職市場が活性化

4月からの新年度体制に向けた求人が多く出ます。特に未経験者も対象とする大量採用の場合は、企業側にとって新卒の新入社員と一緒に導入研修を行えるメリットがあります。

また、その年度の採用予定人数が充足していない企業は、予算を使い切るために選考を加速させる傾向にあります。人数を確保するために、選考基準を緩和するケースも多く見られます。

 

4月 中途採用活動は下火

3月から4月にかけては、企業側は新卒採用活動を中心にしますので、中途採用は停止する企業が多くなります。人事部も、新入社員の受け入れに忙しくなりますので、中途採用の選考まで手が回らなくなります。

ただ、中小企業の場合は、大量に新卒を採用しているわけではないので、この時期も中途採用を継続しています。大手が中途採用を行なっていないこの時期を狙って、採用に力を入れている中小企業もあります。

 

5月~7月 年度の採用計画が動く

1年のうち、1~3月に次いで中途採用が活発になる時期です。早ければ4月後半、遅くとも5月のゴールデンウィークが開けるころには、前年度決算をふまえた新年度の事業計画が固まり、それにもとづく採用計画も動き出すからです。

年度初めにスタートした求人は、なるべく早目に応募したほうが有利なケースが多いです。特に、応募者が多い人気企業は要注意です。

 

8月 選考が停滞するが採用は継続

夏休みをはさむ8月は、企業の選考が停滞しがちです。大手メーカーになると長期の休みに入るケースが多いので、選考に時間がかかる可能性があります。

とはいっても、選考が進みにくいだけで、求人市場自体は動いています。夏休み明けからは、「10月入社者」の獲得に向けて選考が加速しますので、早目に準備をしておきましょう。

 

9月・10月 下半期の戦略を支える人材のニーズが発生

下半期のスタートとなる10月は、人事異動が行われ、組織体制が変わる時期でもあります。体制が変わると、組織の中で人員に対しての課題が明らかになりますので、それを埋めるために単発の求人が出てくることもあります。

また、12月決算の外資企業では、年度内に採用予算を消化するため、9、10月にも活発な採用をおこなう傾向があります。

 

11月・12月 4月1日入社を前提とした求人が始動

11、12月は、翌年の「4月1日入社」を前提とした求人情報が出始めます。注意して欲しいのが、年末年始をはさみますので、選考が滞りがちになることです。

12月初旬に応募しておくと、うまく進めば年内に書類選考の結果が分かりますので、年末年始にじっくりと面接対策に取り組めます。

 

 この時期にも注目しよう!

note-477449_1920

3・6・12月は、ピンポイント求人が出やすい

3・6・12月は、他の月に比べると「退職者」が多くなる傾向にあります。3月は、年度末を区切りに転職する人、派遣の契約が満了する人が多いからです。それに加えて、異動や転勤を受け入れられずに退職する人もいるからです。

また、6・12月は、ボーナスをもらってから退職する人が多く見られます。そのため、これらの退職者の穴を埋めるための求人が多数発生するわけです。

 

4・8・12月は、ライバルが少ない

年度始めで落ち着かない4月、夏休みモードの8月、年末で慌ただしい12月は、転職活動をする人がすくない傾向にあります。しかし、転職市場は動いてますので、忙しい合間をぬって動く価値はあると思います。

 

   まとめ

web-242917_1280

 

転職は、自分の現状をよく考えて、自分にとってベストなタイミングですることが大前提だと思います。

 

ただ、時期によっては、転職しやすかったり、転職が難しい時期があるということも認識していただけたらと思います。

 

 

無料で登録できる!!おススメの転職サイト

NO1 マイナビエージェント

「転職先の仕事環境・雰囲気を面接前に知りたくありませんか?」 『マイナビエージェント』の3大ポイント ☆転職情報サイトにない“おいしい仕事”がある!  新規事業の立ち上げなど非公開求人情報がある! ☆キャリアアドバイザーのプロの目線とあなたの経歴やご要望により、適職なお仕事をご紹介します!

NO2 キャリコネ

キャリコネに登録すると求人情報だけでなく、企業の口コミ情報も見ることができます。 「入社したら会社がブラック企業だった」なんていう失敗にならないように、キャリコネに登録して企業の情報をできるだけ多く集めましょう!!

NO3 ビタジョブ

2015年6月から新たに開始した求人・企業情報サイトです。 可能な限り最大の転職機会の中から、最良の転職先を洩れなく見つけ、納得いくまで比較検討できることを特長としています。

 - 転職活動